読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インターネット破壊を試す

余震も続き、震災の爪あとはまだ色濃く残っています。
東北地方太平洋沖地震の影響を受けた皆様に心よりお見舞い申し上げます。


先日、KLabが公開した負荷試験ツールのインターネット破壊*1を試した。
ベータテストで借りているkagoya VPSの一台にセットアップする。
まず、CentOSにyumでインストールしていたrubyのバージョンが古いためソースからインストール

# yum remove ruby*
# wget ftp://ftp.ruby-lang.org/pub/ruby/1.8/ruby-1.8.7-p334.tar.bz2
# tar xfj ruby-1.8.7-p334.tar.bz2
# cd ruby-1.8.7-p334
# ./configure --prefix=/usr
# make
# make install
# yum install rdoc

RubyGemsもインストール

# wget http://rubyforge.org/frs/download.php/74445/rubygems-1.6.2.tgz
# tar xfz rubygems-1.6.2.tgz 
# cd rubygems-1.6.2
# ruby setup.rb

インターネット破壊をインストール

# gem install internethakai

設定ファイル生成

# hakaigen

設定ファイルは適宜設定して実行する

# internethakai scenario-0.yml --test
# internethakai scenario-0.yml --log=4

今回は、インストールとテスト実行まで。

参考:DSAS開発者の部屋:負荷試験ツール「インターネット破壊」を公開しました

*1:名前が物騒です。。