読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20080711

iPhone

無事にiPhone 3Gをゲット。

購入までの出来事と、使用感などをまとめ

  • 購入までの事

19時過ぎに逃げるように会社を一緒に並んだ同僚と飛び出す。
肝心のソフトバンクショップ表参道の場所を二人とも把握していない事に気付く。
とりあえず、携帯で調べまくってだいたいの場所のあたりをつける。
ようやくたどり着いたソフトバンクショップの前を通り、行列の最後尾を探す。
最後尾はファイヤー通りの途中まで来ていて、最後尾に加わる。この時点で20時ぐらい。

並んだらひたすら、待つのみ。

21時過ぎ、同僚がテレ東のインタビューを受ける。

22時30分過ぎ、孫社長登場。
写真は撮れなかったけど、握手をした。*1
ただ待つだけのつらい時間の中で、結構、うれしかった。

何時だったか忘れたけど
ソフトバンクの社員が購入の際のチェックシートとiPhoneのパンフレットをつづったものを配る。

深夜にトイレチケット*2をもらいトイレに行く途中
ソフトバンクショップの前を通ったら、シートをかけて工事の真っ最中だった。

5時過ぎ、夜も明けて明るくなってきて列が少し進む。

6時過ぎ、ソフトバンクの社員が購入の際の説明を一人一人にして
チェックシートにチェックを行う。

7時前、テレビの中継のヘリが飛んでたり、
いろんな所の取材のカメラが行列を撮影してた。

7時。めざましテレビをワンセグで見る。
前に並んでいた大学生らしき2人組の青年の片方が
店の前まで電話中継をしてくれて、どのように列が進んでいるかを教えてくれた。

並んでいたのが予測で500番目から600番目くらいだったと思う。
販売開始になっても列がちょっとずつ進むのを待つ。

原宿駅の歩道橋の前で並んでいたときにソフトバンクショップのスタッフが
並んでいる全員にお茶を配ってくれた。*3

お茶をもらって飲んでいると、ストームトルーパーが出現、行列の写真を撮って行った。

10時前、会社に遅れる旨の電話。

11時半過ぎ、ようやくソフトバンクショップに入店。
店内は、iPhone一色。片隅にDisney 携帯のブース。
スタッフは、客一人に対してスタッフ一人が担当していた。

担当してくれた男性のスタッフと話をしながら契約。
丁寧で、いい対応だった。
住所とかも書かず、身分証明書を見ながら入力してくれて
書いたのは、確認の署名とサインだけ。

アクティベーションもしてくれてホームにYahoo!のボタンを追加した。
Yahoo!ボタンを追加するのは、そういう事になってるらしい。

USIMは、iPhone間では、交換可能。
だけど間違えて入れると本体の中に入ってしまい取り出すことが不可能になるので
はずす場合は、最新の注意を払うか、ソフトバンクショップに持ってきてくれとのこと。

一般販売の12時直前。無事iPhone 3G 16Gホワイトをゲット。
担当の方も時計を見ながら「ぎりぎり間に合いましたね」と笑顔で言ってくれた。

ソフトバンクショップを出て、早速iPhoneを触りながら
行列に並ぶ方々を横目に原宿駅に向かって会社へ。

13時前、会社に到着し、仕事。

  • 写真






  • 使用感

ざっくりした使用感。
基本的にiPodo touchと変わらない。
カメラは、シャッタースピードが速い。
メール、アドレス帳、ブックマークは、MobileMeを経由すると楽。
マップはGPS連携でかなり使いやすくなった。
電話の音も結構聞き取りやすかった。
アプリは、これからいろいろと試したくなるものがたくさんありそう。
現時点でインストールしたのは、

    • 駅探
    • 郵便番号検索
    • Evernote
    • 通貨
    • 9の1*4
    • Remote

電池は、毎日充電する必要があるのは確実。

  • 残念なお知らせ

自宅でSoftBank 3Gの電波がほとんど入らない。
自分の部屋では、ほぼ圏外。*5
圏外なので無線LANを使用しての使い方のみになった。

*1:結構強く握られた

*2:30分有効の列を抜けてもいいチケット

*3:日が高くなってつらくなってたのでありがたかった

*4:加速度センサーに反応してある音がするアプリ。センス抜群!

*5:以前、兄がそのようなことを言ってたし、分かっていたことだけれど。